ファットエックス(Fat X)脂肪溶解注射【口コミ・評判・ランキング・比較】効果《お腹・太もも・ヒザ上・二の腕・お尻・ふくらはぎ・頬・あご・背中》



ファットエックス(Fat X)


脂肪は、身体の中で一番落ちにくいので、整形による脂肪取りのみが有効でした。

しかし、今ではメスによる切開法が嫌な人に、脂肪溶解注射があります。

最新の脂肪溶解注射は、ファットエックス(Fat X)と言います。

簡単に受けられるプチ整形のひとつです。


ファットエックス(Fat X)は、最新第4世代の脂肪溶解注射です。

以前の脂肪溶解注射メソセラピーは、脂肪細胞を小さくするだけでした。

ファットエックス(Fat X)は、脂肪細胞を減少させ、さらに脂肪細胞の数も減少させることができます。

成分は「デオキシコール酸」と「NAIS COMPLEX(植物由来アミノ酸)」です。


お腹・太もも・ヒザ上・二の腕・お尻・ふくらはぎ・頬・あご・背中に使うことができます。


ファットエックス(Fat X)の効果


ファットエックス(Fat X)の脂肪溶解力は強いため、副成分「NAIS COMPLEX(植物由来アミノ酸)」で抑えるほどです。

ファットエックス(Fat X)の効果が出てくるのは2週間から1カ月後。

脂肪細胞が減ったところには、コラーゲンが穴を埋めてくれるので、実質的に半永久的な効果があります。リバウンドになることが少ないです。


ファットエックス(Fat X)のダウンタイム・副作用


ファットエックス(Fat X)の主成分は、アメリカの厚生労働省「FDA」が認可したデオキシコール酸で安全性が高いです。

他の成分も脂肪とともに、体外に排出されます。


痛みと腫れは、もう一つの脂肪溶解注射BNLS注射よりもあります。施術後すぐは、痛みと熱感があります。2、3日痛みがあります。

1週間たつと、部位を押すと痛みがあるぐらいになります。


針を使うので内出血があるかもしれないのは、他の脂肪溶解注射と同じです。



ファットエックス(Fat X)の手順


施術時間は10分から15分。

ファットエックス(Fat X)を打つところをマーキング。

マーキングした部位に、ファットエックス(Fat X)を打ちます。


ファットエックス(Fat X)とBNLS注射の違い


ファットエックス(Fat X)は、脂肪溶解力が強いデオキシコール酸が成分のため、顔以外の部位に使うのが向いています。顔に使うと痛みと腫れがでます。

もう一つの脂肪溶解注射として人気のBNLS注射は、痛みがないかわりに、効果がゆるいのが特徴。最新BNLS注射のBNLSNeoも同じです。


ファットエックス(Fat X)ができる美容外科・クリニック


ファットエックス(Fat X)の値段は、注射の薬剤量で決まります。1cc1万2千円前後が相場。

顔のあご、頬は、3cc。二の腕、太ももは、6ccほどです。

聖心美容クリニックは、ファットエックス(Fat X)に強い美容外科です。

そのため、人も集まり、 ファットエックス(Fat X)の症例数は、多いです。

症例数が多いところは、医師の技術も優れています。




↓↓↓聖心美容クリニック公式・特別限定サイト↓↓↓



>>ファットエックス<<





↑ PAGE TOP